わたしは生徒の時、日雇いにジャンジャン励んでいました。

ボクは大学生の時、アルバイトにどしどし励んでいました。理由は2つあります。1つ眼は儲けを稼いで、第三国旅をしたかったから。二つ眼は、速く社会に出たかったからです。ボクは何となく小さい頃から、アダルト陣のしがらみに関心がありました。アルバイトを通じて大きいクラスのお客と共に暮らせる事がいとも楽しかったのです。
初めてのアルバイトはハイスクール三歳の時でした。高校なので頑張れるフィールドも限られていて、近所のドーナツ屋君でアルバイトをしました。初めはジレンマという心配で思い付か実態だらけでしたが、だんだん慣れてくるとドーナツを入れ物に寄せるのが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。大学生になると、嫁入り配下として配膳を主に行っていました。片手でお皿を4枚持つのですが、これが苦しくて、お皿を洗い流しかけた事が多々あります…笑 もやっぱりアルバイトは面白く、周囲のみなさんといったコミュニケーションをしながら儲けを勝てる事は、ボクにおいてかなり有意義なスパンだったのだと今でも思います。
社会人になると、職を変える事は簡単には出来ませんが、アルバイトという転職フォルムだからこそ、色んな体験をする事が大切だとボクは思っています。レイクの即日サービス